よくある質問|ファスナータイプとハードフレームタイプ、どちらがよいですか? - スーツケースレンタルのククレンタル

質問の検索
検索したいキーワードを入力してください
 
全ワード一致  一つだけでも可
検索したいカテゴリーを選んでください
Q&A
 ファスナータイプとハードフレームタイプ、どちらがよいですか?
【ファスナータイプのメリット】
・なんと言っても軽い。
・マチを広げると容量がUPするタイプもあり、お土産が増えても安心。
・柔らかいので、受けた衝撃を吸収し、壊れにくい。

【ファスナータイプのデメリット】
・ファスナースライダーをグルッと一周させないと開閉できない。
 角を曲がるときに、コツが必要。※1
・フレームが無いので、受けた衝撃を中身に伝えてしまう。
・刃物や先端が尖った棒状の器具等で、ファスナー部を壊し、開けることが出来てしまう。
・ファスナーが欠けると、開閉が出来なくなってしまう。

【フレームタイプのメリット】
・ケースの開閉が簡単。
・しっかりとしたフレームが衝撃から中身を守る。
・刃物等で簡単に壊し開けることが出来ない。

【フレームタイプのデメリット】
・ファスナータイプに比べて重い。
・強い衝撃を受けると、ケースが壊れる。


【まとめ】
・軽さ ファスナータイプの勝ち
・衝撃吸収性 ファスナータイプの勝ち
・衝撃保護性 フレームタイプの勝ち
・開閉の容易さ フレームタイプの勝ち
・セキュリティー フレームタイプの勝ち

といったところでしょうか。
フレームタイプの方に軍配が上がっていると思うかもしれませんが、
開閉の容易さについては、コツをつかめば問題ありませんし、
衝撃保護性についても、フレームタイプでも多少は伝わりますし、
壊れ物を衣類に包むようにして工夫すれば、同じです。
ファスナータイプは、何よりも「軽い」というメリットが大きいですね。

参考になりましたでしょうか?
どちらも良いところがあるので、お好みでお選びください。

<補足>
セキュリティーについて、実際の被害を考えれば
空港内では、空港職員による犯罪であればどうしようもないし、
空港外については、置き引きに対してはどちらも同じだと思います。

※1:ファスナータイプスーツケースをスムーズに開閉させる方法
   角を曲がるときに、スライダー(ツマミ)をファスナー面に対して
   垂直に引き上げながら引くと、スムーズに開閉させることが出来ます。
検索結果
1.レンタルサービスについて
2.利用期間について
3.支払い・料金について
4.スーツケース・旅行小物について
5.配送(発送・回収)について
6.その他
7.故障かな?と思ったら
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ