パッキング術 - スーツケースレンタルのククレンタル

パッキング術トップ

さぁ荷造りしよう!

と思って始めたのはいいけれど

どうやって詰めたら良いのだろう?

あれもこれも詰め込み過ぎて中身がごちゃごちゃ・・・

なんてことありませんか?

そんな人の為に、タイプ別収納方法をお教えします!!

共通事項
重要なポイントは重いものを下(底)にするということです。
基本的にはキャスターを使って持ち運ぶはずですから、下への圧力を考慮することが必要です。
また、貴重品(パスポート、現金等)や、壊れやすい精密機器(カメラやPC等)は、手荷物にした方が良いでしょう。
(航空機では機内持ち込みにしましょう。)
ハードスーツケースの場合
ポイント① 重いもの(重い衣類)は下=底にする
ポイント② スーツケースを4分割にし、あまり小分けにしない程度に袋分けする
ポイント③ タオルなどをクッションにし、割れやすいものを中央におく

パッキング術 ハードスーツケース

かさばる衣類は大きさを揃えて畳み、圧縮袋など入れギュと圧縮すれば、かさが半分くらいになります。
ハードスーツケースだからといって、内部が衝撃に強いわけではありません。
そのため、ドライヤーや壊れそうな小物などはタオルなどの緩衝材となるもので包み、スーツケースの中央に入れてしっかり守ることが重要です。
ソフトキャリケースの場合
ソフトキャリーケースは軽くて機能的ですが、外からの圧力に弱いという点があります。
壊れやすいものを上手に収納し、破損などから守るのがポイントです。

パッキング術 ソフトキャリーケース

中心部に壊れ物を入れ、その周りをタオルやセーター等をおまんじゅうのように包みこむように詰めるのがポイントです。

最後に
本当に大事なのは、欲張りすぎない事です!
帰りのお土産もたくさん買いたいのはわかりますが、航空機では持込荷物の重量制限もあるので、要注意です!
何か必要なのかを考えて最低限必要な荷物で、快適な旅行をするのがパッキング術のポイントです。
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ