スーツケースベルトについて - ククレンタル

スーツケースのあれこれ
スーツケースベルトについて

お客様によく「スーツケースベルトって必要でしょうか?」というご質問を受けます。

古いスーツケースは強い衝撃を受けた際、蝶番が外れたり、鍵が壊れた際、スーツケースが真っ二つに開いて、中身が飛び出してしまうことがあります。
航空会社での扱いや運搬時には、現在も往々にしてそういった可能性があるため、保険のためにつける方もいらっしゃるようです。
また、最近では空港のターンテーブルから出てきた際の目印として、そして、ファッション性を考える方によって、スーツケースに巻かれることも多いようです。

スーツケースベルトについて

必ず必要かといわれるとそうでもありませんが、急なトラブルを防ぐためにも、1本くらいは常備しておいてはいかがでしょうか、というのが結論です。
(アメリカ旅行には必須のTSAについても、本体についていない場合は、ベルトに備え付けの機能でも代用できますので、有用かもしれません。)

海外の方は、大型のソフトキャリーケースにスーツケースベルトを使用しているのをよく見ます。 これは、やってみるとわかるのですが、柔らかい大型のソフトキャリーケースに荷物をたくさん詰めると、キャリーケースが前に膨らみ、バランスを崩して、自立できずに、前にコロンと倒れてしまうからです。

色の選び方

当社でも様々なスーツケースベルトを扱っており、色の選び方について以下のような統計がとられています。
大きく分けて3パターンの選び方をされる方が多いです。

1.カラフルなスーツケースにブラック系ベルトを選ぶ方。
2.ブラックやシルバーといったシックなスーツケースにカラフルなベルトを選ぶ方。
3.スーツケースと同色系のベルトを巻く方。


実は1.のパターンを選ばれる方が一番多いようです

※3に関しては、ターンテーブルからスーツケースが出てきた際の目印としては不向きです。


他カテゴリー
他カテゴリーのインデックスへのリンクです。

カテゴリー01. スーツケースの選び方
カテゴリー03. 海外旅行のあれこれ
コンセプト
当社では、レンタルで実際に使い込まれたスーツケースをもとに、耐久テスト等では得られない非常に有用なデータを頂いております。
口コミは商品の購入・レンタルに重要な要素ですが、専門家の意見もまた有用なものです。
本コンテンツを利用し、お客様の身近なコンシェルジュとして、情報を少しでもフィードバックできるようにしていきたいと考えております。
免責事項
本コンテンツでは、当社が考えるスーツケースの選び方、スーツケース自体や海外旅行に関連する情報を掲載しております。
管理・運営に細心の注意を払っていますが、掲載内容の信頼性、サイトの安全性を完全に保証するものではありません。
本内容によって生じるトラブルや、その他いかなる損害について一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。
ご意見・ご感想等
ご意見・ご感想等につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、お持ちの情報で記事にしたい内容がございましたら、合わせてご送付頂けば幸いです。
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ