海外の電圧・変圧について - スーツケースレンタルのククレンタル

海外旅行のあれこれ
海外の電圧・変圧について
日本と海外では電圧やコンセントの形状が異なるため、日本の電気製品を利用したい場合は、変圧器と変換プラグを用意する必要があります。
変圧器について

日本の電圧の規格は100Vですが、海外では地域によって異なります。
(例:アメリカ110V~130V、ヨーロッパ・オセアニア220~240V等)
そのまま日本の電気製品を使った場合、電圧が合わず故障することがあるため、変圧器を通しての利用が必要となります。
変圧器を通せば、海外の電圧が日本と同じ100Vに変換され、日本の電気製品が使えます。
以前は110~130Vや220~240V対応という形でわかれていたりもしましたが、
最近では全世界対応の110~240V対応の変圧器が多く販売されており、値段も
それほど変わらないため、購入するのであれば、全世界対応の変圧器をオススメします。



変圧器について
良く旅行される方は、1つくらいはお持ちになられても損はないかと思われます。
(ノートPCやタブレットの需要が上がった昨今では、USB付きの変圧器なども出てきているのでお勧めです。)
地域と電圧については、本サイトに別コンテンツがございますので、ご参考になさってください。

地域と電圧・コンセントの形状一覧を見る

消費電力

消費電力

もし変圧器を使う場合、消費電力を確認する必要があります。
電気製品には、各々消費電力が設定されています。
シェーバーや携帯電話充電器等の非常に少ない電力消費で済むものから、小型であってもヘアドライヤーや炊飯器のような大きく電力を消費をする所謂熱器具まで、電気製品は様々なものがあります。
この消費電力と、更に連続使用時間等を考慮して、変圧器を選択する必要があります。

マルチボルテージ

最近ではマルチボルテージという仕様で、日本でも海外でも変圧器なしで使える電機製品が登場するようになりました。
つまり商品自体に変圧機能があるため、変圧器不要という事です。
ただし、プラグ自体は日本仕様でA型であることがおおいので、変換プラグが購入しておいたほうが良いでしょう。
※ACアダプターなどは、AC100V~240V対応といった形で書いてあります。
また、電気製品自体にスイッチがあり、使用電圧を変更する機能がある場合もあります。


マルチボルテージ

熱器具電気製品の使用上の注意(故障の仕組み)


熱器具電気製品の使用上の注意(故障の仕組み)

上述のマルチボルテージ仕様の電気製品であれば問題ありませんが、熱器具用の変圧器を介す場合、家電製品側に液晶画面がついていたり、細かい数字設定ができるものを使用する際には注意が必要です。

細かい内容ですが、現在販売されている一般的な熱器具用変圧器の出力(電気製品を差し込む方が出力側となります。)は矩形波(四角波形)です。
この出力で使える電気製品は、強・中・弱の段階切り替えしかない電気ストーブとか、ヘアドライヤーとか、トースターのような、単純なヒーターを使う家電製品向けと考えられてます。
そして、温度制御などに使われている電子回路は、正弦波(滑らかな曲線を描く波形)の交流の入力を前提に作られています。

本来ゆるやかに微調整をする正弦波形の電圧が、瞬間的にプラス最大値⇒マイナス最大値へと切り替わる矩形波出力がされた場合、短時間でスイッチを入れたり切ったりしているのと同じことになり、機械を痛める原因となるのです。
つまり、異常電圧が内部で発生した場合、半導体などを破損する恐れがあるのです。

そのため、熱器具用の変圧器を利用される際には、電気製品側をしっかり確認をし、利用できるかどうかをメーカーに問い合わせたうえで利用されることをご検討ください。

コンセントの形状と変換プラグ

世界には様々なコンセントの形状があり、日本のものをそのまま差し込めません。
そのため、変換プラグが必要となる場合があります。
現在当社でオススメしているのは、サスコムとゴーコンW2の2種類で、両方ともマルチ変換プラグ(全世界対応)で、性能には大差ありません。
国とコンセントの形状については以下の一覧にてご確認ください。


コンセントの形状と変換プラグ


他カテゴリー
コンセプト
当社では、レンタルで実際に使い込まれたスーツケースをもとに、耐久テスト等では得られない非常に有用なデータを頂いております。
口コミは商品の購入・レンタルに重要な要素ですが、専門家の意見もまた有用なものです。
本コンテンツを利用し、お客様の身近なコンシェルジュとして、情報を少しでもフィードバックできるようにしていきたいと考えております。
免責事項
本コンテンツでは、当社が考えるスーツケースの選び方、スーツケース自体や海外旅行に関連する情報を掲載しております。
管理・運営に細心の注意を払っていますが、掲載内容の信頼性、サイトの安全性を完全に保証するものではありません。
本内容によって生じるトラブルや、その他いかなる損害について一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。
ご意見・ご感想等
ご意見・ご感想等につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、お持ちの情報で記事にしたい内容がございましたら、合わせてご送付頂けば幸いです。
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ