海外での携帯電話利用について - ククレンタル

海外旅行のあれこれ
海外での携帯電話利用について
海外で携帯電話を利用する際に知っておくべき内容について記載します。
まず、携帯電話については、通話とデータ通信(パケット通信)の2つの用途があり、それぞれが個別に料金が発生するという発想をもってください。
そのうえで、海外で携帯電話を利用する際には、3つの方法があります
日本の携帯電話・PHSを利用する

日本の携帯電話を海外で利用する場合は、国際ローミングという方法を取ります。
ただし、日本の携帯電話・PHSのうち、そのまま海外で使えるものは、一部機種に限られます。
それ以外の場合は、海外で使用可能な携帯電話を用意する必要があります。
(ご自身の機種が海外で利用可能かどうかは代理店等でご相談ください。FOMA/AU/Willcomなどは使えるようです。)
国際ローミングについては、渡航先にもよりますが、通話以外にもメールなどのサービスを日本国内とほぼ同等に受けられるのが最大のメリットです。


■国際ローミングを利用される際の留意点
  ・利用には国際ローミングに対応した機種・契約が必要
  ・レンタルの場合、日本の電話機でなく現地向けの電話機をレンタルすると、メールやウェブが使えな
   かったり、日本語に対応しなかったりする
  ・通話料はレンタルほどではないが高額
  ・日本国内と異なり着信にも料金がかかる
  ・日本の番号なので、たとえ現地との通話であっても日本経由の国際電話となる
 
 
日本の携帯電話・PHSを利用する



なお、FOMAやソフトバンク3G、auのSIMカード対応機種を使用している場合、現在利用している機種が国際ローミング対応でなくても、対応機種への機種変更(買い増し)を行うか、対応機種をレンタルしてSIMカードを差し替えることにより利用可能です。


日本の携帯電話・PHSを利用する


■利用に適したケース
 ・使用頻度が少なく、滞在期間が短い場合
 ・ローミング対応機種を利用している、あるいは対応機種を用意できる場合
 ・自身の番号で発着信をしたい場合(海外でも日本の番号で電話を受けたい場合)
 ・発着信の履歴情報等、プライバシーを気にされる場合

海外携帯を購入する

海外携帯電話の購入については、完全に現地の契約を行うパターンと、プリペイド式携帯(あるいはプリペイドSIMカード)を購入するパターンがあります。

どちらもメリットとしては、現地サービスであることで、通話料が圧倒的に安い点、データ通信などのサービスについても現地国内向けのサービスを受ける事が可能という点が挙げられます。
(日本への国際電話に関しては、国際ローミングのほうが安いことが多い状態です。)


■利用に適したケース
 ・使用頻度が高い場合(現地の番号との通話、データ通信が多い場合)
 ・長期間滞在する、または今後もその国に定期的に行くことが予想される場合
 ・現地で使用可能なSIMカード式の電話機を持っている、あるいは用意できる場合
 
 
日本の携帯電話・PHSを利用する

■プリペイド式携帯の留意点
プリペイド式には有効期限があり、期限が切れると電話番号、及び未使用の料金残高も失効します。(期限を延長すれば、番号を維持できます。)

残高の追加(リフィル、トップアップ、リチャージ、充値などと呼ぶ)は、コンビニなどで追加用カードを購入して、そこに書かれている番号を電話機から登録するのが一般的で、最近ではインターネット上でクレジットカードで追加できるものもあり、再度の渡航に備えて日本から追加することもできます。


通常は現地に着いてから購入するときに番号が分かるため、事前に番号を知らせておくことができないというデメリットがあります。
また、旅行者でもプリペイドが容易に入手可能な渡航先であることが必要条件です。

レンタル携帯を利用する

レンタル携帯を利用する


回線契約のされている電話機をレンタルする方法があります。(国際ローミングや、契約のない電話機単体をレンタルする場合を除く)。

旅行前にレンタルして持参することもでき、空港宅配も整備されていることから、国内外の空港などで受け取ることもできます。


誰でも利用でき手軽ですが、通話するしないにかかわらずレンタル期間に応じてレンタル料がかかります。(分や秒での計測・課金もあります。)
加えて通話料もそれなりに高額なので、短期間向けです。
また、通話とSMS以外の機能(メール・ウェブ・データ通信など)は使えないことが多い状態です。

電話番号が日本のものか、現地のものか、また、使用言語が日本語か英語かは事前にレンタル業者に問い合わせましょう。

■利用に適したケース
 ・使用頻度が少ない(通話以外の機能を必要としない)場合
 ・滞在期間が短い場合
 ・現地で使える電話機やSIMカードを持っていない場合
 

海外でのパケット通信について

「パケット通信」に関して、各携帯会社では、海外でのパケット通信については定額制のサービスを提供しています。
パケット通信には、音声通話、TVコール、SMS、データカードによる通信および、パソコンなどに携帯電話をUSBケーブルで接続するモバイルデータ通信(アクセスインターネット)は除かれます。


海外でのパケット通信について


概ね、パケットの一定量まではいくら、それ以上はいくらといった形で課金される形で、1980円~2980円のサービスとなっていますが、注意すべき点はこれが1日の費用であることです。
つまり、3日パケットし放題で使うと8940円程かかってしまうということです。

この1日は、現地時間ではなく、日本時間の24時間となるため、留意が必要です。
(スマートフォンでは、アプリを落として詳しい情報が見れるため、利用には便利です。)

海外でのパケット通信について



また、スマートフォンの普及に伴う通信の利用の増加により、近年ではWiFi通信のみに特化したWiFiルーターレンタルやデータ通信のみ利用可能なSIMカードのレンタルを行う業者も多く出てきました。

ほとんどのサービスが一日あたりの料金が固定された定額制となっている。通信利用量の制限がないのが一般的です。
ただし、旅行先の国の状況や場所によってはネットワークの品質が悪く期待した速度が出ない場合もあるので注意です。

リンク
海外の携帯・WI-FI利用の際して、当社のお勧めするサイトをこちらでご紹介しております。 ご参考になさってください。


他カテゴリー
コンセプト
当社では、レンタルで実際に使い込まれたスーツケースをもとに、耐久テスト等では得られない非常に有用なデータを頂いております。
口コミは商品の購入・レンタルに重要な要素ですが、専門家の意見もまた有用なものです。
本コンテンツを利用し、お客様の身近なコンシェルジュとして、情報を少しでもフィードバックできるようにしていきたいと考えております。
免責事項
本コンテンツでは、当社が考えるスーツケースの選び方、スーツケース自体や海外旅行に関連する情報を掲載しております。
管理・運営に細心の注意を払っていますが、掲載内容の信頼性、サイトの安全性を完全に保証するものではありません。
本内容によって生じるトラブルや、その他いかなる損害について一切の責任を負いませんので、予めご了承ください。
ご意見・ご感想等
ご意見・ご感想等につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
また、お持ちの情報で記事にしたい内容がございましたら、合わせてご送付頂けば幸いです。
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ