修理代無料 - ククレンタル

修理代無料!
当社スーツケース及び旅行小物については、ご使用中の多少のキズや汚れ等は、全て無償になっております。
安心してご利用ください。

※当店では、お客様の利便性を考慮して、破損証明書(Damage Report)の提出も不要とさせていただいております。

スーツケースの扱われ方
スーツケースという商品は、耐衝撃性にすぐれた素材を各所に使用しておりますが、空港や運送会社では「商品」ではなく「荷物」として扱われるために、残念ながらとても乱暴に扱われることが多いのが実情です。

スーツケースは、コンベアから落下する程度でしたら、老朽化したスーツケースを除いて、壊れることは稀です。
しかしながら、これまでのレンタルでの経験から、おおよそ200~300分の1の確率で、明らかに人の力を超えた衝撃によって壊されているケースがあります。

これは、フォークリフト等の乗り物によって引っ掛けられたり、ベルトコンベアに挟まれたりしたといった、不幸なケースです。
特に空港のベルトコンベアでは、繁忙期になると、隙間なく手荷物が並べられるため、スーツケースがどこかに引っかかってしまった場合、後続の荷物の荷重が一気にかかってしまい、通常では考えられない壊れ方をするのです。

つまり、「空港や運送業者に預けたスーツケースが壊されて戻ってくる」ということは、十分に起こり得るのです。

破損証明書(DamageReport)について
航空会社は、航空会社側の過失で荷物(スーツケース)を破損させてしまった場合に、補償をしてくれる場合があります。
ただし、補償は「破損証明書(Damage Report)」を発行した場合に限られます。

破損証明書(DamageReport)は、税関を通る前の「手荷物サービスカウンター」で発行してもらえますが、税関を通ってしまうと、破損証明書を発行してもらうことはほぼ不可能となります。 そのため、税関通過前に、戻ってきたスーツケースを入念にチェックをすることが重要です。

確認するポイントを簡単に記載します。
①キャスター部、底足、取っ手など、突起している部分をチェックしましょう
突起している=ぶつかったり、ひっかけやすいという事になりますので、特にキャスターや取っ手については外観から見ても破損が簡単に確認できます。
また、突起した部分に衝撃を受けると、その付近のボディが亀裂・陥没することがありますので、周囲のボディのチェックもした方が良いでしょう。
取っ手については、衝撃を受けた場合、部品の中で折れていることがあり、持ったら、取れてしまうことがあるため、最大まで伸ばしてみる事で確認漏れが防げます。

②中身をチェックしましょう
外観だけではなく、スーツケースを開けてみるのも大事です。
フレームが歪んでいると、かみ合わせが悪くなり、スーツケースの開閉がしづらくなったり、鍵がかかりづらくなったりします。
特に鍵部分に衝撃を受けている場合、開けてみないと破損に気が付かないことがあるため、開閉だけでも確かめる事が重要です。
また、明らかに機能を損なっているのに、航空会社のカウンターで「補償対象外」と言われる場合があります。
ただし、「補償対象外」と明記された破損証明書(Damage Report)を貰うことができるようです。
この場合であっても、お客様ご自身の過失ではない事を証明する内容となりますので、証明書を受け取っておくことをおすすめします。

代替品の貸与について

航空会社の扱いによって破損してしまった場合は、サービスカウンター等で代替スーツケースが用意されます。 この場合、破損したスーツケースは現地で処分される可能性がございますので、回収時には代替スーツケースを弊社までご返送ください。
  スーツケースのご購入はこちら スーツケース工房
パッキング術
情報サイトリンク
営業日カレンダー
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オレンジ色の日は、お休みさせていただきます。
尚、配送に関するお問合せについては、12/31、1/1、1/2 を除き、休まず営業しております。

上へ